転職する人が増えている。総務省の統計では2019年に過去最多の351万人を記録した。転職の理由で最も多いのは「より良い条件の仕事を探すため」で、近年は大企業でも転職者が増加している。都道府県別で働く人のうち転職を経験した人の率(転職率)が最も高い沖縄県。