[胃心地いいね](596) ちゅら浜食堂 うるま市石川白浜

人気のチーイリチャーそばセット(千円)。くせがなく食べやすいチーイリチャーは地元客にも観光客にも評判だ

店内ではお客さんが思い思いに食事を楽しんでいた=6日、うるま市石川白浜の「ちゅら浜食堂」

ちゅら浜食堂

人気のチーイリチャーそばセット(千円)。くせがなく食べやすいチーイリチャーは地元客にも観光客にも評判だ 店内ではお客さんが思い思いに食事を楽しんでいた=6日、うるま市石川白浜の「ちゅら浜食堂」 ちゅら浜食堂

 豊富なメニューにざっくばらんな雰囲気。いかにも昔ながらの大衆食堂という空気感がたまらない。うるま市石川地区の中心部、学校や銀行が立ち並び、老若男女が行き交う通りにある「ちゅら浜食堂」ではリラックスした表情のお客さんがおいしそうにお気に入りを平らげていた。

 地元で生まれ育った店長の久高剛さん(44)の中高生時代は、周辺に大衆食堂が数多くあったという。安くてボリュームがありアジクーターな定食には家庭の味わいがあった。友人たちとわいわい食事をしたことがいい思い出だ。

 だがいつの間にかそんな思い出の店も少しずつ姿を消していった。高校卒業後さまざまな職種を経験した久高さんは「大衆食堂の風景を残したい」と2009年、家族と共に食堂を始めた。現在は久高さんが従業員と共に店を切り盛りしている。

 飲食店の経験はなかったが、家庭料理が得意だった母や沖縄市で食堂を営んでいたおばから調理の技法を学んだ。「従業員にも恵まれ、現在は多くのリピーターに支えられている」と言う。

 気軽に入れる店づくりを意識し、手作りにこだわる。人気の「チーイリチャー」(定食850円、そばセット千円、税込み)は、くせがなくほのかに甘味があり、苦手な人も食べやすいと評判だ。「黄色いカレー」こと「チキンカツカレー」(800円)も昔ながらの味でファンが多い。

 久高さんは「今の味を守りつつ、新しいメニューも模索したい。長く続く、地域で愛される店を目指したい」と笑顔を見せた。

(中部報道部・宮城一彰)

=金曜日掲載

 【お店データ】うるま市石川白浜2の7の1。営業時間は月~金曜午前11時~午後7時、土曜祝日午前11時~午後2時。日曜定休。電話098(965)1040。駐車場7台。全メニュー持ち帰り可。