沖縄タイムス+プラス ニュース

8月に感染→陰性になり回復→また別の感染 20代女性2人「再感染」

2020年10月9日 06:40

 沖縄県は8日、新たに10歳未満から80代までの男女計26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち20代の女性2人は、8月に一度感染した後、陰性になるなどして回復したが、再び感染した。「再感染」が確認されたのは県内で初めて。累計感染者数は2682人となった。

県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状

 再感染したのは、南部保健所管内と南城市の20代女性2人で、面識はないという。同所管内の女性は8月5日に倦怠(けんたい)感などの症状が現れ、11日に一度感染し、入院。その後退院したが10月7日に感染しているのが判明した。同市の女性は7月31日に発症し、8月3日に感染が確定。回復したが、発熱などの症状が出たため検査したところ、10月7日に再び感染が分かった。

 県内では、連休中にカラオケやボーリングに参加した大学生を含む10~20代の計8人の感染が確認され、県は新たなクラスター(感染者集団)と認定。県内21カ所目となった。

 8日に感染が確認された26人のうち70代以上は4人だった。感染経路が判明しているのは14人で家庭5人、飲食3人、会合3人などだった。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は11・74人で、6日連続で全国最多となった。

 在沖米軍関係の新たな感染者はいなかった。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング