下地幹郎衆院議員(59)=無所属=は8日、次期衆院選の立候補を見送る検討をしているとする本紙報道に関し、自身の周囲で調整を進める動きがあることを認めつつ「次期衆院選には立候補する」との考えを示した。