8日午前11時半ごろ、那覇空港を離陸した琉球エアーコミューター(RAC)の機体に計器トラブルが発生し、同空港に引き返した。那覇空港事務所によると、乗客32人にけがはなく、運航ダイヤに遅延の発生はなかった。

那覇空港の滑走路

 同事務所によると、同機は久米島空港に着陸する予定だったが、同空港南約37キロ地点で計器に異常が発生した。日本トランスオーシャン航空によると、同機は着陸後、整備点検と異常が見られた部品を交換し、同日午後0時53分ごろに那覇空港から久米島空港に向けて離陸した。