沖縄タイムス+プラス ニュース

<米軍ヘリパッド>稲田防衛相「法の順守を」

2016年10月1日 07:02

 【東京】稲田朋美防衛相は30日、閣議後の会見で、米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対し、訓練場内で抗議活動をしている市民らへの摘発などの対応を問われ、「何か不測の衝突が反対の人たちと(工事関係者の間で)起こらないようにするのが、両方の安全確保のために必要だろう。当たり前だが法律には従うということが重要」と答えた。

就任後初めて来沖した稲田朋美防衛相(左)。右は翁長知事=9月24日

 北部訓練場内では木の伐採などを止めようと、建設に反対する人たちが抗議活動を行っている。29日の県議会で県警の池田克史本部長は「米軍提供施設内であり刑事特別法にすでに違反している」と答弁。「急な斜面で滑落する恐れがあり命綱代わり」などとして、警察機動隊員らが抗議者にロープを結び付けた。

 稲田防衛相は「どこの場所であれ、それぞれ法律に従って行動はすべきだ」と法の順守を求めた。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS