沖縄タイムス+プラス ニュース

米司令官「訓練場所は政府に従う」 公明党WTに明言

2016年10月1日 11:20

 公明党の在沖米軍基地調査ワーキングチーム(WT)が7月に普天間飛行場の司令官と面談した際、所属する海兵隊員の県外移転を巡り、司令官が「日米政府が決めた場所に行き、訓練する」と発言していたことが30日、分かった。金城勉県議(公明)が県議会の一般質問で明らかにした。

沖縄国際大(写真下)や住宅に隣接する米軍普天間飛行場

 金城氏は「政治が決めれば、軍は対応できることをはっきり聞けた」と指摘。普天間の県外移設が、政治決断で可能になることを示す発言だと強調した。

 金城氏によると、WTの所属議員が7月22日に普天間飛行場でピーター・リー司令官(大佐)と面談した際、座長の斉藤鉄夫衆院議員が「もし普天間の海兵隊を九州、岩国などに受け入れるとしたらどうするか」と質問した。

 司令官は「われわれが決めることではない」と述べ、政府が合意した場所に移動し訓練することが可能との認識を示したという。

 金城氏は「移設先は軍ではなく政治の意志で決められるという趣旨の見解を、米軍関係者から直接、聞けたのは初めてだ」と意義を強調した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS