那覇署は9日、無登録で貸金業を営み、1日当たりの法定利息の最大15倍超で貸し付け契約をしたとして、那覇市の風俗店経営者(33)ら男10人を貸金業法違反(無登録営業)、出資法違反(超高金利)容疑で逮捕したと発表した。家宅捜索で400人分の顧客データが見つかり、署は売上資金の流れなどを詳しく調べている。