沖縄タイムス+プラス プレミアム

防衛局、地盤沈下シミュレーションを検討 沖縄県の審査待たず業者と契約

2020年10月10日 07:22有料

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が大浦湾側に存在する軟弱地盤の改良に関して、「不同沈下」(ふぞろいな地盤沈下)に対応するため、沈下シミュレーションの検討をすることが9日、分かった。埋め立て区域を6分割し、それぞれの箇所についての沈下の想定・検討と資料作成を進める。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気