「学校へ行くために胡屋カジマヤー(十字路)に来たら、読谷方面はもうもうと煙が立ち込めていたが、それでも大演習と思っていた」「胡屋あたりは問題なかったが、泡瀬の町は焼き払われた」。