沖縄を訪問している加藤勝信官房長官は10日午前、陸上自衛隊のヘリで上空から在沖米軍基地を視察した。米軍普天間飛行場に関し、「1日も早く全面返還を実現するため、辺野古移設に向けた工事を着実に進める」と述べ、名護市辺野古の新基地建設工事推進を強調した。視察後、那覇市内で記者団の取材に応じた。