沖縄を訪問している加藤勝信官房長官は10日午前、陸上自衛隊のヘリで上空から在沖米軍基地を視察した。米軍普天間飛行場に関し、「1日も早く全面返還を実現するため、辺野古移設に向けた工事を着実に進める」と述べ、名護市辺野古の新基地建設工事推進を強調した。視察後、那覇市内で記者団の取材に応じた。

在沖米軍基地を上空から視察した後、記者団の取材に応じる加藤勝信官房長官=10日午前、那覇市の航空自衛隊那覇基地

 基地負担軽減担当相を兼務する加藤氏は、上空から普天間飛行場、嘉手納基地、キャンプ・シュワブなどを視察。「宜野湾市の真ん中に、高台に基地があるのを実感した。市民のみなさんに大変危険な状況だ。固定化は避けなければならない」と指摘した。

 米軍基地問題への協力姿勢によって沖縄関係予算を増減させるリンク論に関しては、「具体的に基地問題と振興策を直接関連させる考え方はとっていない」と否定。その上で、「基地負担軽減と、返還された基地をつかった振興を総合的に取り組むのは当然だ」との認識を示した。

 加藤氏は、玉城デニー知事と会談するほか、松川正則宜野湾市長、渡具知武豊名護市長らとも意見交換する。