「独り」をつないで ひきこもりの像

「俺が兄を殺してしまわないか」 母の死から1年・・・見えない出口、ぼろぼろの兄弟

2020年10月11日 08:30有料

■「独り」をつないで ひきこもりの像(25) 第2部 沖縄と8050問題 母亡き後(3) 本島中部の公営住宅で認知症を患う70代の母親と2人で暮らし、その介護を担うことになったケンさん(52)=仮名。弟のカズヤさん(49)=同=には当時の兄は精力的に見えたという。

ご意見をお寄せください

ひきこもり当事者や家族、支援に関わる方々の幅広いご意見や情報、疑問をお寄せください。こちらの入力フォームからアクセスするか、郵送は郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」宛て。ファクスは098(860)3483。

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング