名護の老舗そば屋で、古壁に貼られた1枚のチラシを目にした。シルクハットに背広姿の紳士の肖像。「『風土建築家・清村勉』を知っている?」と、意味深に問い掛けている▼清村という聞き慣れない名を調べて驚いた。北部の小学校や公共の建物など、大正・昭和期に数々の設計を手掛けた熊本出身の建築家だった。