首里城 象徴になるまで

若き学芸員 救出された漆器見て「より良い状態で守り継ぐ」と誓い

2020年10月11日 15:00有料

[首里城 象徴になるまで](33) 第3部 地方からの遠望 南風原町は琉球王国時代、王府の直轄地として統治された。特に人口が多かった津嘉山の住民は、王をはじめ首里の人たちが食べる米を作るために働き、首里城で工事があれば労務を提供した。王家の屋敷で働く人もおり、首里との関係を語るエピソードは多い。

連載・コラム
きょうのお天気