沖縄タイムス+プラス プレミアム

焼失した首里城の瓦でシーサー 沖縄の小学生124人が制作

2020年10月12日 17:00有料

 那覇市立高良小学校の6年生124人が10日、しっくいを使ったシーサー作りを体験した。尻尾の部分には昨年の火災で焼失した首里城の瓦を、飾り付けには校庭の砂をまぶして思い思いの一品に仕上げた。コロナ禍で運動会など大きな学校行事が中止になる中、子どもたちは「小学校の記念ができた」と喜んだ。

連載・コラム
記事を検索