沖縄県は3日から、那覇バスターミナル-沖縄市コザ区間で急行バス運行の実証実験をする。停車するバス停を通常の46カ所から13カ所に減らし、10分程度の短縮を見込む。運行は平日のみで、来年3月31日まで。運賃は通常と変わらない。県は定時速達性や採算性などを検証し、今後の導入などを検討していく。