【大宜味】国内で確認例が少ない迷鳥のレンカク(チドリ目レンカク科)1羽が7日、村の大保ダムのビオトープ(人工池)で確認された。撮影した屋我地鳥獣保護区で管理員を務める渡久地豊さん(57)によると、個体は幼鳥で、成鳥よりもやや色が薄いという。