過疎地域自立促進特別措置法(過疎法)が2020年度末で期限を迎え、来年度の新法改正により、現在指定を受けている県内18市町村のうち半数以上の10町村が適用除外となる可能性があることが12日、県などの試算で分かった。