沖縄タイムス+プラス ニュース

中国船が相次いで侵入、領海内にとどまる 尖閣周辺で36日連続確認

2020年10月13日 08:03

 第11管区海上保安本部は11日、尖閣諸島周辺の領海に同日午前、中国海警局の船2隻が相次いで侵入し、大正島の東約22キロの海上で、操業中の日本漁船1隻に接近しようとする動きを見せたと明らかにした。中国船2隻は12日午後も領海内にとどまった。

(資料写真)尖閣諸島

 11管によると、中国船2隻は日本漁船の動きに合わせて11日午前10時45分ごろ領海に入り、接近しようとする動きを見せた。その後も同様の動きを繰り返したため、領海から出るよう警告。海保は漁船の周囲に巡視船を配備して安全を確保した。

 中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは8月28日以来で、12日で22日目となった。

 11管は12日、領海外側の接続水域でも別の中国船2隻が航行しているのを確認し、領海に近づかないよう海保の巡視船が警告した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは36日連続。

連載・コラム
きょうのお天気