那覇署と県警警備1課は12日、テレビの有料衛星放送を契約せずに無料で見られるよう「B-CAS(ビーキャス)カード」を不正に改造したとして、宜野湾市の自称・建築業の男(47)を私電磁的記録不正作出と同供用の疑いで再逮捕した。署は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていない。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は2019年2月中旬~20年6月下旬の間、宜野湾市内の自宅で、テレビの衛星放送を無料で見られるようカード複数枚を自身のパソコンとカードリーダーを使って改造し、使用した疑い。

 署によると、容疑者はカードを改造するための不正プログラムを入手し、パソコンでカードの暗号を書き換えて視聴制限を解除していた。改造されたカードは全てのBS・CSの有料衛星放送を視聴できるようになっていたという。

 容疑者は今年6月に威力業務妨害と暴力行為処罰法違反の疑いで逮捕され、県警は家宅捜索でカードを数十枚押収した。不正プログラムの入手経路などについて調べている。