2021年3月末に期限切れとなる現行の過疎法に代わる新法案では、10町村が適用除外される可能性がある。現法で適用されている18市町村の担当者は「人口減少率だけが焦点化されている」と口をそろえる。