沖縄タイムス+プラス プレミアム

首里城の大龍柱、どっち向きで再建?沖縄で論争が熱い理由

2020年10月14日 07:19有料

  火災からの再建が進む首里城正殿の前に向き合って立っていた「大龍柱」について、正面(御庭(うなー)側)向きにするよう求める声が市民から上がっている。正殿の設計に関わる国の首里城復元に向けた技術検討委員会(委員長・高良倉吉琉球大学名誉教授)は、琉球王国時代の資料から向き合う形が妥当と判断。

連載・コラム
記事を検索