賞与や退職金の支払いを求めた非正規労働者を敗訴とした13日の最高裁判決は、雇用環境次第では正社員との「不合理な格差」と判断されることはあり得るとする一方、経営者側の裁量を幅広く認めた。格差解消に向け...