新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した受験生について、文部科学省が、無症状で陰性が確認されたことを条件に大学入学共通テストの受験を別室で認める方向で検討を進めていることが14日、同省への取材で分かった。6月公表のガイドラインでは、14日間の健康観察期間中は受験できないとしていた。