食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達中の交通トラブルが全国で相次ぐ中、京都府警やウーバー・ジャパン(東京)は14日、京都市で自転車の配達員らに交通安全講習を実施した。同社によると、配達員が警察による実技を含めた講習を受けるのは全国初。

交通安全講習を受ける「ウーバーイーツ」の配達員ら=14日午後、京都市

 京都市左京区の自動車教習所で、約50人の配達員が交通ルールを学ぶ講義を受け、自転車やバイクで実技のコースを走った。参加した三木幸風さん(24)は「早く届けたいという思いはあるが、安全に届けるのが大事だなと思った」と話した。

 府内でも配達員が絡む人身事故が起きており、府警交通企画課の滝清基警部は「宅配サービスは今後も需要が見込まれる。配達員にはルールを守ってもらい、責任を持って運転してほしい」と訴えている。(共同通信)