大ヒットアニメ「鬼滅の刃」の劇場版「無限列車編」が16日から全国で公開される。SNSを中心に全国的に「上映回数が多い」と話題になっているが、沖縄でも“最多”の上映スケジュールが組まれていた。

【写真】「鬼滅の刃」のバナー=北谷町のミハマ7プレックス(スターシアターズ提供)

 沖縄で上映する劇場の一つ、スターシアターズ。展開する六つの映画館のうち、四つの映画館で「鬼滅の刃」を上映する。公開初日の16日の上映回数は四つの映画館合わせて計71回。北谷町のミハマ7プレックスでは最多の20回を上映する。時間帯によっては30分に1回上映スケジュールが組まれていた。

【画像】ミハマ7プレックスの上映スケジュール(スターシアターズのHPから引用)

 スターシアターズの担当者、伊是名義之さんによると、“最多”のスケジュールを組んだ理由は「安心安全に上映を楽しんでもらうため」。大ヒットアニメで根強いファンも多く、その人気の高さからチケットがすぐに完売する可能性が当初から見込まれていたために上映回数を増やした。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、座席は1席ずつ間隔を開けて座ってもらう(※親子での鑑賞は座席を配慮する)。
 1日20回と最多上映のミハマ7プレックスは座席数が他の映画館よりも多い。「お客様に安心して座席をご提供できます」と来場を呼びかける。

 スターシアターズでは公開日の16日から18日までの各劇場の座席状況を公開している。詳細な情報はこちら【https://www.startheaters.jp/info_detail.html?info_code=312】

 鬼滅の刃の登場キャラクターがプリントされたムービーチケット(前売り券)の売り上げも順調だ。売り上げペースは大ヒットアニメのワンピースやドラえもんの「2倍」。伊是名さんは「全国的に人気ということもあり、来場者数も多く見込まれるはずです」と期待を込める。

【写真】「鬼滅の刃」のムービーチケット

 スターシアターズでは、各劇場ごとにタイプの違う大型バナーやスタンディタイプも登場。各劇場ごとに違った楽しみ方もできそうだ。

「鬼滅の刃」の縦型バナー=南風原町のサザンプレックス