沖縄県の那覇署は13日、拾得物として交番に届けられた現金10万円のうち1万円札1枚を交番勤務の男性巡査部長が誤って廃棄したと発表し陳謝した。男性巡査部長は同日までに自費で1万円を支払い、元々あった現金10万円余りを持ち主に返した。

イメージ写真

 9月20日、拾得物の10万円入りポーチを預かった男性巡査部長は、雨でぬれた1万円札を1枚ずつ乾かそうと、ペーパータオルで挟む作業をしていたという。後日紛失が発覚し防犯カメラを調べたところ、1万円札を挟んだペーパータオルごと廃棄してしまう様子が写っていた。