内閣と自民党が17日に実施する故中曽根康弘元首相の合同葬に合わせて、文部科学省が国立大などに弔旗の掲揚や黙とうをして弔意を表明するよう求めたことに対し、琉球大学は16日、弔意の表明をしない方針を明らかにした。

文部科学省

 琉大によると、これまでも天皇陛下の即位の礼などに合わせ、文科省から国旗を掲揚するよう協力を求められていたが、応じたことはないという。総務課は「今までやったことがないので、戸惑っていた。今回の合同葬も例年通りやらない方針で対応する」と説明した。

 文科省が都道府県教育委員会に送付した「参考までにお知らせします」との文書を受けた県教育委員会総務課は16日午前、各県立学校に通知を転送した。同日午後には市町村教委にも通知を転送する。同課は「弔意を表明するかどうかは各県立学校長や市町村教委に判断を任せる」としている。