共同通信 ニュース

松山聖陵高の監督に謹慎7カ月 日本学生野球協会が審査室会議

2020年10月16日 17:04

 日本学生野球協会は16日、審査室会議を開いて7件の処分を決め、高校では松山聖陵(愛媛)の監督が不適切指導および体罰、報告義務違反で8月30日から来年3月29日まで7カ月の謹慎となった。部内暴力のあった享栄(愛知)の部長は9月6日から3カ月の謹慎。

 部内暴力と報告義務違反のあった内子(愛媛)の部長は9月18日から4カ月の謹慎処分。校名非公表の監督はセクハラ行為で無期謹慎となった。

 大学では暴力と報告義務違反のあった中部学院大の監督が10月2日から2カ月の謹慎を科された。(共同通信)

>>高校野球 そのほか写真を見る


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間