ヘレン・ケラーを知らない人はいないだろう。全盲で聴覚にも障害があったのに、超人的な偉業を成し遂げた聖なる「奇跡の人」。 本書はそんな彼女に対する、実に大胆な異議申し立てだ。一方的な挑戦状であり、熱烈な思慕をつづったラブレターでもある。