世界一有名な心理学者といえばジークムント・フロイト(1856~1939年)だろう。いやいやアドラーだ、ユングだという向きもあるかもしれない。安心してほしい、この本はフロイトを軸に、同時代の精神分析家たちの知的な営みを、大量の史料で網羅的に紹介した名著である。 フロイトはかく語られてきた。