【宜野湾】プリンスホテル(東京都)の小山正彦社長は16日、宜野湾市役所に松川正則市長を訪ね、同市真志喜の宜野湾港マリーナ前に「プリンスホテル」ブランドのリゾートホテルを開業すると報告した。オープンは2022年春。小山社長は「念願の沖縄初進出。目の前がヨットハーバーで、ビーチや沖縄コンベンションセンターも近い。地域の魅力を伝えたい」とあいさつした。

宜野湾市の旧カルチャーリゾート・フェストーネ跡地に2022年春の開業を予定するプリンスホテルのイメージ図

宜野湾市の松川正則市長(中央)に沖縄進出を報告するプリンスホテルの小山正彦社長(左から4人目)=16日、宜野湾市役所

宜野湾市の旧カルチャーリゾート・フェストーネ跡地に2022年春の開業を予定するプリンスホテルのイメージ図 宜野湾市の松川正則市長(中央)に沖縄進出を報告するプリンスホテルの小山正彦社長(左から4人目)=16日、宜野湾市役所

 小山社長は現地視察で来県した。ホテルはオーシャンビューの地上14階建てで全340室。ことし3月末に着工した。開業準備室を来年1月に立ち上げる予定で、今後、県内に従業員用の寮を確保したい考え。

 那覇市松山の国道58号沿いには宿泊特化型の「プリンススマートイン」(約150室、10階建て予定)を計画しており、22年春以降にオープンする予定。

 松川市長は「宜野湾での計画を10年くらい前に聞いて待っていた。心から歓迎します」と応じた。