「数十年に1度」の重大な危険を示す特別警報が発令された猛烈な台風18号の影響で、県内では道路の封鎖、公共交通の欠航や運休、公立学校の臨時休校、観光施設やスーパーの休業など各地で県民生活が混乱した。避難勧告を示すエリアメールの通知音が鳴り響く、不安な1日となった。