【うるま】うるま市の島袋俊夫市長(67)は18日、市内で開いた後援会の会合で、来年予定されているうるま市長選に立候補しないことを明らかにした。以前から受けている甲状腺の治療で別の異常が見つかり、病気療養するため。島袋氏は19日から病気療養に入り、20日からは上間秀二副市長が職務代理者となる。

島袋俊夫うるま市長

 入院は50日程度を予定している。島袋氏は沖縄タイムスの取材に「市民にはご迷惑をおかけするが、治療に専念し元気になって戻りたい」と述べた。

 島袋氏は1952年10月26日生まれ、市天願出身。90年から旧具志川市議やうるま市議を5期務め、同市議会議長在任中の2009年に市長選へ出馬し、初当選。2市2町が合併したうるま市の2代目市長に就任した。現在3期目。来年5月14日に任期満了を迎える。