今帰仁村上運天の今帰仁ざまみファームのクワンソウ(和名・アキノワスレグサ)の花が見頃を迎えている。約2500坪の畑にオレンジの色鮮やかな花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。

見頃を迎えているクワンソウの花=13日、今帰仁村上運天・今帰仁ざまみファーム

 例年より1カ月ほど咲き始めが遅く、花は11月下旬ごろまで見ることができるという。クワンソウは、沖縄では古くから歓待料理などにも用いられた伝統的な島野菜。睡眠効果があるとされ、「にぃぶぃ草」とも呼ばれている。

 同ファームでは花摘み体験を600円で実施している。座間味栄太代表は「県内各地からクワンソウの好きな方にお越しいただいている。見て食べて、楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 読谷村から足を運び花摘み体験をした池原伝盛さん(82)は「きれいに咲いていて素晴らしい。摘んだ花は家に持ち帰って漬物にして食べたい」と話した。