【大宜味】急性肝膵臓壊死症(AHPND)でバナメイエビが大量死した大宜味村の養殖場の男性代表は19日、本紙の取材に「病気の遺伝子を持った養殖稚エビがどこかで輸入検疫をすり抜けたために起こったのだろう」と落胆した。被害額は「単純には言えず、算定中だ」と話した。