沖縄タイムス+プラス ニュース

平川慧が日本一! 中学陸上400メートル 比嘉桃花は走り高2位

2020年10月20日 07:49

 陸上の全国中学生大会最終日は18日、神奈川県の日産スタジアムで行われ、男子400メートル決勝で平川慧(あげな中3年)は48秒48で日本一に輝いた。陸上競技ウェブメディア「月陸Online」によると、48秒48は日本中学歴代5位の記録。県中学新記録も14年ぶりに0秒96更新した。

男子400メートル決勝 48秒48で優勝し、ガッツポーズする平川慧(右)=日産スタジアム

女子走り高跳びで2位となり、表彰式で笑顔を見せる比嘉桃花=日産スタジアム

男子400メートル決勝 48秒48で優勝し、ガッツポーズする平川慧(右)=日産スタジアム 女子走り高跳びで2位となり、表彰式で笑顔を見せる比嘉桃花=日産スタジアム

 17日の予選で平川は、49秒56と全体1位のタイムで決勝に進出。決勝も序盤でスピードに乗ると残り100メートルでさらに加速し、2位を1秒近く引き離して優勝を飾った。「日本一の目標を達成できてうれしい」と喜んだ。

 女子走り高跳びに出場した石垣中3年の比嘉桃花(石垣島アスリート)は1メートル66を跳び、2位に入った。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索