沖縄タイムス+プラス プレミアム

<辺野古違法確認訴訟>原判決破棄は狭き門 11~15年度の94%弁論開かれず

2016年10月4日 11:04有料

 沖縄県側にとっては今後、最高裁の審査で「上告理由にあたる」と判断され、口頭弁論が開かれるかどうかが重要になる。最高裁が上告理由に当たらないと判断し、弁論を開かずに棄却や不受理を決めれば翁長雄志知事の敗訴が確定する。 ただ、最高裁では弁論を開かずに棄却、不受理とするケースがほとんどだ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気