沖縄タイムス+プラス プレミアム

首里城地下の旧日本軍司令部壕に「遺骨ある可能性」収集団体が訴え

2020年10月20日 16:00有料

 「第32軍司令部壕の保存・公開を求める会」(瀬名波榮喜会長)は17日、沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(66)を招いた勉強会を那覇市内で開いた。具志堅さんは、多大な住民犠牲を招いた沖縄戦での役割を踏まえて保存公開の意義を語り、壕内に遺骨が残る可能性にも言及。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間