沖縄タイムス+プラス ニュース

北朝鮮の「瀬取り」監視か 2カ国の哨戒機が嘉手納に飛来

2020年10月20日 12:45

 米軍嘉手納基地に20日までに、ニュージーランド空軍所属の哨戒機P―3K2とカナダ空軍所属の哨戒機CP―140がそれぞれ1機、飛来したのが確認された。

米軍嘉手納基地に駐機するニュージーランド空軍所属の哨戒機P―3K2(右)とカナダ空軍所属の哨戒機CP―140=19日午前10時11分(読者提供)

 防衛省は、北朝鮮の船が海上で積み荷を移し替える「瀬取り」を含む違法な海上活動を監視するため、カナダとニュージーランドの哨戒機が嘉手納基地を拠点に活動すると発表しており、そのための飛来とみられる。

 沖縄防衛局や目撃者によると、ニュージーランドの哨戒機は13日午後3時44分ごろ、カナダの哨戒機は18日午後2時40分ごろにそれぞれ嘉手納基地へ着陸した。

 また20日午前10時40分ごろ、嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が南側滑走路に緊急着陸したのが確認された。同機は着陸後にエンジンを停止し、複数の隊員らが機体の右翼下部付近を確認する様子があった。機体に何らかのトラブルがあったとみられる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間