石川県内の同姓同名の男性を装って新型コロナ対策の特別定額給付金をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた名古屋市の無職森進一被告(50)の公判が20日、金沢地裁(大村陽一裁判官)で開かれ、検察側は、被告がインターネットで全国の同姓同名情報を集め、福島県と北海道の男性にも成り済まし、オンラインで給付金を申請しだまし取ろうとしたと明らかにした。

 公判で森被告は、石川県能登町の男性として給付金10万円をだまし取った詐欺などの罪と、福島県などの男性に成り済ました詐欺未遂などの罪で追起訴された事件について、起訴内容を認めた。(共同通信)