日本学術会議をめぐる問題は、政治権力が学問の場に「上から」介入してきた動きとして捉えられているが、一方でそれを「下から」支える動きが広く見られることにも注意しておく必要がある。