沖縄タイムス+プラス プレミアム

地位協定の改善の背景にあったのは…沖縄の基地問題に対する国内世論の変化だった

2020年10月21日 09:50有料

[解説] 沖縄県内で高まった反発が日本本土に拡大し、国民的議論へと発展ー。沖縄で起きた卑劣な事件を巡り、事態を重視した米国務省が、腰の重い米軍を説得して日米地位協定の運用改善へと動いた背景には、日本国内で大きく変化した世論の力があった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング