沖縄県石垣市役所や市内の小中学校・高校、新石垣空港などを21日に爆破するとの予告メールが同市に届いていたことが20日、分かった。

(資料写真)パトカー

 市は19日の受信後、警察に通報するとともに対象施設や周辺で不審者の警戒、不審物の確認、巡回警備を強化。爆破予告当日の21日は警察と相談の上で通常通りの業務継続を決めたが、引き続き警戒を強化する。

 南城市も20日、市役所や市内小中学校、飲食店などを21日に爆破するというメールが同市に届いたと発表した。

 予告は19日に代表メールへ届いた。市によると、21日11時30分に市役所、同日12時30分ごろ小中10校と近隣の県立学校2校に爆弾を放り込む、同日13時前後に市内飲食店4カ所に時限爆弾を取り付けたトラックを駐車させ爆破させる、という内容。

 市は各校へ19日に通達して校内確認を促した。20日時点で異常の報告はなく市役所、学校は通常通りの予定。市は与那原署と連携し、爆破予告時間帯を重点に職員らが各施設を巡視し警戒するとしている。