[インサイドクリック] 沖縄県大宜味村にあるバナメイエビ養殖場で甲殻類の伝染病「急性肝膵臓壊死(すいぞうえし)症(AHPND)」の発生が国内で初めて確認された問題で、県は21日、関係者を集めた緊急の対策会議を開く。