【東京】沖縄県大宜味村のバナメイエビ養殖場で甲殻類の伝染病、「急性肝膵臓壊死(すいぞうえし)症(AHPND)」が国内で初めて確認されたことを受け、農林水産省が原因究明に向けた疫学調査の専門家を県に派遣する方針であることが20日、分かった。規模や期間は調整中という。