【東京】沖縄県大宜味村のバナメイエビ養殖場で甲殻類の伝染病、「急性肝膵臓壊死(すいぞうえし)症(AHPND)」が国内で初めて確認されたことを受け、農林水産省が原因究明に向けた疫学調査の専門家を県に派遣する方針であることが20日、分かった。規模や期間は調整中という。

沖縄県大宜味村の養殖場で処分されるバナメイエビ(同県提供)

 また野上浩太郎農相は同日の記者会見で、今回の伝染病発生について「現段階では水際措置に特段の問題はなかったと考えている」と述べた。その上で、農水省として疫学情報の収集など必要な調査を進め、原因究明に取り組む考えを示した。

 野上氏は他の都道府県や関係者に注意喚起をするとし、県とも連携して「伝染病のまん延防止を徹底したい」と話した。県内ではバナメイエビの近縁種に当たるクルマエビの養殖場があり、感染拡大の懸念が出ているが、「クルマエビは県内で検査をする予定と聞いている」と述べた。