沖縄タイムス+プラス プレミアム

米兵が強盗、コロナ拡大、水質汚染 日本側の調査阻む地位協定の壁

2020年10月21日 14:00有料

 主催者発表で約8万5千人が集まった1995年の「米軍人による暴行事件に抗議し、地位協定の見直しを求める県民総決起大会」から、21日で25年となった。日米地位協定は、一部の運用改善や補足協定の締結などにとどまり、米軍基地の整理・縮小、訓練の運用改善も県民の望むようには実現していない。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間