主催者発表で約8万5千人が集まった1995年の「米軍人による暴行事件に抗議し、地位協定の見直しを求める県民総決起大会」から、21日で25年となった。日米地位協定は、一部の運用改善や補足協定の締結などにとどまり、米軍基地の整理・縮小、訓練の運用改善も県民の望むようには実現していない。