沖縄県大宜味村の養殖場で、バナメイエビの国内初の急性肝膵臓壊死症(AHPND)が確認された件で、県水産課は21日、同養殖場から8月28日から9月13日にかけて、排水されていたと発表した。 県は塩屋湾を中心に、周辺海域のモニタリング調査を行うことを正式に決めた。排出量については、確認中としている。