沖縄県大宜味村の養殖場で、バナメイエビの国内初の急性肝膵臓壊死症(AHPND)が確認された件で、県水産課は21日、同養殖場から8月28日から9月13日にかけて、排水されていたと発表した。

塩屋湾

 県は塩屋湾を中心に、周辺海域のモニタリング調査を行うことを正式に決めた。排出量については、確認中としている。排水された養殖場の水は、フィルターを通しているが、消毒措置を行わずに海域に流した。排水自体は法に触れる措置ではないとしているが、近隣のクルマエビ養殖場や海域への影響が懸念されている。

 AHPNDは甲殻類の疾病でありヒトへの感染事例は報告されておらず、原因となる菌株は、ヒトに対して病原性を示さないことが確認されている。 万一感染したエビを食べたとしても、ヒトには影響がないとして、県は冷静な対応を呼び掛けている