【豊見城】地域活性化のノウハウを身に付け、「稼げる地域」をプロデュースする人材を育てる「商店街等地域プロデューサー人材育成プログラム」が10日、交流型サービスオフィス「トヨプラ」で始まった。名護市や竹富町鳩間島など県内各地から11チーム34人がエントリー。