生後1カ月から少量の粉ミルクを定期的に摂取することで、牛乳アレルギーの発症を予防できる可能性があることが、県内4病院で生まれた約500人の乳児を対象にした共同研究で明らかになった。